読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IWC日記

時計好き管理人の日々を綴った日記です。

娘の母離れが嬉しいような少し寂しいような複雑な気持ち

4歳の娘は小さい頃から、ママ、ママでべったりで私から離れませんでした。人見知りがとても強い赤ちゃんで、誰かに抱っこされるとぎゃー、児童館などに連れて行くのも大変でした。生後半年から週一で通っていた児童館は、3歳半でプレ幼稚園に入るまでずっと続けていましたが、慣れることはありませんでした。

みんなと体操をしましょうにも参加せず、私とママ友以外のところには行きませんでした。そんなママっ子の娘は「ママが大好きよ」「ママと結婚しようね」と毎日のように言っていて、ママを独占したい気持ち、もっともっとママという気持ちを表現していました。

 

しかし気づいたら、最近様子が少し違うのです。最近まで毎回泣きながら通っていたプレ幼稚園で、私と離れる時に泣かなくなりました。大好きなお友達ができたのです。お迎えに行くとそのお友達とずっと一緒にいて、離れがたそうで、お友達も娘のことを大好きと思ってくれているようです。その子の名前を話してくれることが増え、プレ幼稚園を楽しみにするようになりました。

そして「ママと結婚する」という言葉が出なくなったのです。きっと今まで娘の中で占めていた私の割合が減って、そのお友達にシフトしたのかなと思うのです。娘にまとわりつかれ、4歳になってもママ、ママで、本当に大変でした。少し離れたいと思うことばかりでした。でもいざそうなってみると、とても嬉しいのですが、少しだけ複雑なものですね。娘の世界はこれからどんどん広がっていくのかな。