読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IWC日記

時計好き管理人の日々を綴った日記です。

ネットで言いたい放題になる世の中

芸能

数ヶ月前、覚せい剤取締法違反の容疑で、俳優の庄司哲郎という人が逮捕されました。

この人誰!?と思った人が多いと思うのですが、その名が知れ渡ったのは週刊文春の報道がきっかけです。

 


フジテレビ「とくダネ!」のキャスターとしてお馴染みの小倉智昭が、この容疑者の資金源だったと報じたからです。

週刊文春といえば、今年はスキャンダラスなスクープが炸裂し、あちこちに爆弾を落としています。

その影響もあるのか、まだ詳細が明らかになっていない段階から、ネットではこの情報に食いつき、小倉智昭の悪口で溢れる状況になりました。

彼のカツラ(ズラ)ネタや、隠し子説、ホモ説など、言いたい放題の話題で持ち切りでした。

正直、私も小倉智昭は黒と判定してしまったくらいです。

今日のとくダネ!で小倉智昭が何かコメントするだろうとは思っていましたが、ちゃんとこのニュースを取り上げて、自分の言葉でしっかりと説明をしていました。

他人に厳しく自分に甘い人もいますが、そうゆう意味では彼はちゃんと行動で示している感じです。

そして資金源と報道されたことに関して、癌を知らされた時よりもショックだったと涙目で語っており、事実とは違う報道になっている印象を受けました。

ネットでは、よく知りもしない情報に食いつき、人の悪口を言ってしまう傾向がありますが、今回はまさにそんな光景でした。

しかし、とくダネ!を観た人はあっという間に意見が様変わりして、小倉智昭を援護するコメントで溢れていました。

私もまさにその一人です。不確かなネットの情報に流されて他人を批判し、そして真実を知って我に返る、批判を受けた人からすればたまったものではないと思います。

そうゆう意味でも、言いたい放題になるネットって怖いなと思いました。