読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IWC日記

時計好き管理人の日々を綴った日記です。

小学6年生の時の熱血担任教師に再会してきました

先日、とある機会があり、小学6年生の時の担任に再会しました。



大学を卒業したばかりの新任だった先生も、今では初老を迎えようとするベテラン教師。

でも、あの熱血振りは相変わらずでした。



私は、それとは正反対と言ってもいい軟弱な生徒でしたので、

先生と全く噛み合わず、何かに付けてよく怒られたもんですよ。

さすがに時代柄、手が飛んでくるような事は無かったですが(当時でも体罰はかなり問題になっていましたからね)、

拳を振り上げたいのを我慢しているのが分かる程に、キツく怒鳴られるのは日常茶飯事でした。



その事を指摘すると、「こんな優しい先生に何をおっしゃる」みたいな感じで惚けられましたけどね。



その反面、若いだけあって、生徒の目線で物事を考えてくれる人でもありました。

恋愛相談には気軽に乗ってくれてたようですし(私は無縁でしたが)、休み時間には生徒に混じって遊んでくれたり、

理不尽な校則に反発してくれたりと。

 



そんな訳でしたので、私にとっては愛憎相半ばと言った感じで、再会するまではモヤモヤとした感情があったのは事実でした。

この話が来た時も、本当に最後まで迷ったのですが、結果、会って良かったです。



「定年になったら暇になるから、遊びに来い」と言われたので、次にお会いできるのはその時でしょうか。

実際、行くかどうかは分かりませんけど(笑)。